換羽

 

換羽時期

八月頃が多く、四週間ほど。

換羽には多くのエネルギーを使うので、この時期には歌ったり、争ったりせず、ひっそりと生活する。

換羽に多くのエネルギーが必要なので、餌の豊富な時期に換羽が始まる。

 

渡りの最中に換羽は行われない。

渡る鳥は、渡る前に換羽が完了することが多い。

 

事故などで失われると、補助換羽が行われ、23週間で生える。

タカブシギは渡りと重なるので、渡りを中断し、羽が抜け変わってから渡りを再開。

マガンは7月末から換羽を始め、8月中旬には幼鳥と共に飛べるようになる。

ミヤマシトドの完全換羽は54日間。

最北の個体群は47日間、南部の亜種nuttalli83日間。

 

ホルモン

繁殖が終わって繁殖に必要な性ホルモンが低下すると、甲状腺ホルモンの分泌が盛んになり、卵(精)巣機能の低下との相互作用で換羽が始まる。

 

日照時間が短くなり始めると性ホルモンが低下する。

北の地方ほど早く日が短くなるので、換羽の時期が早くなり、渡りの開始も早い。

(熱帯地方では変化がないので、換羽は少しずつ長期間)

 

 

 

換羽

一枚ずつ

ツバメ類

ワシタカ類

時間は掛かるが、

うまく飛べないと餌がとれない。

数枚ずつ

多くの鳥

飛びづらくなるので、

活動的でなくなる。

まとめて

カモ目

アビ類

多くのウミスズメ類

ツル類

クイナ類

バン

オオバン

オガワコマドリ

オオヨシキリ

キタヤナギムシクイ

フラミンゴ

ペンギン類

一時的に飛べなくなるが、

換羽が早く終了。

飛べなくても餌はとれる。

 

 

水に入れないペンギンは絶食

完全換羽に要する期間は約1ヶ月〜100日以上かかる種もいる。

渡り鳥では3040日ほど

鴨は一ヶ月(34週間飛べなくなる)

スズメは3枚くらいずつ換羽。2ヶ月ほどかかる。

ウソは11

カワラヒワは90

ベニヒワ風切羽の換羽期間は3456日間

サイチョウ♀は樹幹の巣穴に閉じこもっている間に全身の換羽を行い、

巣穴から出るときは新しい羽毛が生えそろう。

                               

 

カワラヒワ

ベニヒワ

風切羽の換羽枚数

2.23

2.23

3.16

2.70

 

全身完全換羽

一年に一回すべての羽毛が抜け替わる。

普通は繁殖の終わったすぐ後。

部分換羽

繁殖期の前に行うものが多い。

風切羽、初列雨覆、尾羽以外。

 

種類によって範囲が異なる。

 ・ 胴体部分の全部を換羽するもの、

 ・ 体羽のごく一部だけ換羽するものなど。

不規則換羽

消耗した羽から生え変わり、規則性が無い。

補充換羽

翼羽などが、何かの原因で抜け落ちた場合は、

次の換羽を待たずに新しい羽が生えてくる。

無理に抜くと、羽根(うこん)が破壊されて生えなくなってしまうことが多い。

 

二年に一回

大型のツル、大型の猛禽類

年一回

秋に完全換羽

ハクチョウ類、トキ、ガン類、タカ類、フクロウ類、ツグミ類、

一部の(キツツキ類、ツル類、スズメ目)

ルリビタキ、オオルリ、ホオジロ、ホオアカ、ミヤマホオジロ、カシラダカ、アオジ、クロジ、ノビタキ、ノゴマ、オオジュリン、アトリ、ベニマシコ、オオマシコ、ハシボソガラス、ハシブトガラス

春は部分換羽

秋は完全換羽

一番多い

カイツブリ類、シギ類、チドリ類、カモメ類、ウミスズメ類

アビなどアビ類の一部、一部の(セキレイ類、ウグイス類)

サギ、ハクセキレイ

ユリカモメなど、春に頭が黒くなるカモメ。

春は完全換羽

秋は部分換羽

スズメ目の一部(モズ類の一部、ウグイス類の一部)

アビ類の一部(オオハム、ハシグロアビなど)

年二回完全換羽

長距離の渡りをする少数の種で見られる。

アメリカズグロカモメ、キタヤナギムシクイ、チゴモズ、アカモズ、ボボリンク、シベリアセンニュウ、アカエリシトドなど

年三回換羽

ライチョウ属

夏の終わりに換羽。

保護色の白い冬羽をまとうため、秋の終わりに換羽。

春に生殖羽に換羽。

コオリガモ属、エリマキシギも

 

生まれた年の秋に、全身完全換羽を行うスズメ目の鳥

ヒヨドリ、ウグイス、セッカ、オオヨシキリ、コヨシキリ、エナガ、ツリスガラ、

メジロ、ホオジロ、シマアオジ、ムクドリ、ホシムクドリ、

大部分のヒバリ科、スズメなど多くのハタオリドリ科、

モズ科の一部、アトリ科の一部。

一才未満で成鳥と同じ羽毛となる

 

ほとんどの鳥は年二回換羽する。

秋に完全換羽、春に部分換羽(胸や頭など)が多い。

春と秋に二回換羽する鳥では、冬羽の方が羽毛の密度が高く、保温力も高い。

渡らない鳥は換羽期間が長く、渡る鳥では短い(3040)

高緯度地方で繁殖する亜種や個体群ほど換羽期間が短い。

カモは秋に全羽換羽(エクリプス)

冬に尾と翼を除く羽が換羽して美しくなる。(嘴の付け根近くの羽から換羽)

夏から秋にかけては翼も換羽する。

換羽は左右対称に行われるので、飛ぶときにバランスが崩れない。

カッコウ科では風切を一枚置きに落とし、その後残りの風切を落とすことで、飛翔能力の低下を防いでいる。タカ科の尾の換羽もこの方式。

 

春の一部換羽では、不完全な換羽だったり、

換羽を行わないこともある。

幼鳥

小鳥では初列風切や尾羽は一般に細い。

 

羽の先端が冬の間に擦り切れて、内部の色が出てくる

ムナグロ、ハリモモチュウシャクシギ、アトリ、カシラダカ、ノビタキ、オオジュリン、ジョウビタキ、マヒワ、ベニマシコ、ベニヒワ、モズ

 

風切羽の換羽

初列

通常内側から外側に向かって順に脱落、成長する。

三列

次列より早く始まり、速く終わる。

三枚のうち、一番長い第一三列風切から

次列

初列が数枚伸びきったところで、

次列が外側から内側に向かって換羽を始める

尾羽の換羽

 

中心部から始まり、外側へ

初列風切羽の換羽は多くの種で内側から始まるが、

外側から始まる種(ムナフヒタキ)

中央から両側に進む種(カワセミ類)

 

オオヨシキリ

 

換羽前

換羽期

渡り前

体重(g)

29.4

26.5

33.3

脂質インデックス(%)

3.0

4.4

16.4

酸化価

40

41

24

ケン化価

184

190

202

ヨウ素価

61

78

73

 

 

ムナグロ

ダイゼン

換羽

繁殖中(7月上旬)

繁殖後

対捕食者行動

うずくまる

偽傷行動

追い払う

体重

130g

270g

 

ヨーロッパコマドリ

渡る個体群

8月に換羽

渡らない個体群

9月に換羽

 

 

飛べない日数(繁殖後の♀)

コスズガモ

1421

オオホシハジロ

2128

クビワキンクロ

2128

オカヨシガモ

2530

オナガガモ

28

カワアイサ

28

ハシビロガモ

35

アメリカヒドリ

35

アメリカホシハジロ

3542

 

 

ガン類

カモ類

飛べない期間

ヒナの孵化〜ヒナが飛べるまで

ヒナが飛べるようになってから

 

初列風切の換羽

タカ類

P1から

ハヤブサ類

P4 P3 P2 P1P5 P6 P7 P8 P9 P10

 

クマタカ

年齢

換羽する場所

初列風切

次列風切

0

1

P1P3

S12S13

2

P3P6

S1S2 S5S6 S11S12

3

P1P3 P7P8

S3 S6S10  S12S13

4

P4P6 P9P10

S1 S4 S5 S8 S11

年間換羽枚数は平均で、メス5枚、オス7

 

エリマキシギ

秋に完全換羽、春に部分換羽、その後三回目の補足的な換羽で襟巻きができる。

オオバン

カモのように、翼の羽全てが同時に抜ける。

カモ類

夏の終わりから換羽。

11月頃に完了。

換羽期に胸の筋肉が減り、脚の筋肉が増える。

クマタカ

抜けた羽は3045日かけて伸長する。

サンコウチョウ

長い尾羽を落としてから渡去

シギチ

肩羽が最初に換羽する種が多い。

スズメ

2ヶ月

初列風切の一番内側から抜け始める。

4枚目が抜けると大雨覆が一斉に抜ける。

小、中雨覆、尾羽の換羽を開始。(尾羽は一度に数枚)

初列風切の5枚目が抜けたところで次列風切も換羽開始。

体羽も換羽開始。

雨覆、体羽換羽終了。

初列風切換羽終了。

次列風切換羽終了。

タカ目

春から換羽を始め、秋に完了。

トビは6月〜10

夏〜秋

頭部、頸部、胸部、体幹、尾部、翼の順に換羽。

ハシブトガラス

初列風切の換羽は115日前後。

ハシボソガラス

初列風切の換羽は105日前後。

ミヤマガラス

メスよりオスが早く換羽開始。

終了は雌雄同時。

ウミスズメ類、コサギ、シロチドリは12月頃に夏羽になる。

 

 

トップ

鳥へぇ

 

 

 

inserted by FC2 system